Top > 武器まとめ

武器まとめ の変更点


 &color(Red){ただいま編集中};
 &color(Maroon){誰か管理人の代わりに編集してください。お願いします};。
 &color(Red){ハンドガン};
 //↓に概要の欄を追加して、以降の文章に仕切り(|)を追加して調整しました。
 //「概要」と称していいのか分かりませんので、誰か簡潔な記述をよろしくお願いします(11.2.12)
 |名称|概要|説明文|入手場所|
 |mk.2|麻酔銃|サプレッサーとグリップ内蔵レーザーサイトが付いた麻酔銃、22口径、 二週目以降ドレビンショップで笑い、怒り、哀しみ、叫びと様々な効果を持つ弾頭を購入できる。非常に消音効果が高く一発ごとにコッキングし弾薬をチャンバーへと送り込むため、連射速度が低い |Mk2合流後入手(強制)|
 |GSR|1911のクローン&br;45口径|現実世界においてはシグ・ザウエルのGSRが良く知られる。シグ・ザウエルといえば有名なP226などの代表拳銃が知られる。このGSRはP226でいろんなことを学んだシグが送り出すガバメントコピーの一つである。ガバメントをコピーモデルにしたのにはやはり代表的なガバメント形状のほうが市場で儲かるからだろう|ACT1民兵アジト内|
 |Operator|45口径|数あるガバメントコピーの一つである。リコイルスプリングガイドにレーザーを標準装備しており、下部アンダーレイルにフラッシュライトをも装着できる。非常に安定した性能を持ち最初から最後まで使用できるハンドガンである。|Mk2合流後入手(強制)|
 |1911 CUSTOM|MGS3の装備品|現実世界におけるM1911A1は現在でもその45口径弾を用いたストッピングパワーと約100年間変わることのない完成度から細かな要所を改良しつつも軍から警察。はたまた民間用としても非常に信頼性を誇っている。このカスタムは西側将校のものをソ連が入手したものを当時のEVAが用意したものとされている。|パスワード|
 |FiveseveN|弾薬はP90と共有|FN社の代表的PDWとして知られるP90は、その特異な弾丸を用いることから、現存のサブマシンガンに見られる拳銃弾の共用ができない孤立の銃になってしまった。そこで、FN社はP90に使用する5.7mm×28弾を使用する拳銃を製作。そして作られたのは本銃ファイブセブンである。埋め合わせ的銃器ながら、拳銃としては非常に貫通力が高いことも評価され、まぁまぁの評価を受けているようだ。| ACT1カエル部隊が所持|
 |Mk23|MGSの装備品|45口径のハンドガン。本編では、装弾数も多く使いやすい銃になっている。現実世界においてはアメリカ特殊作戦軍SOCOMの依頼を受けH&K社が開発した銃であるが、SOCOMの要望を答えた結果 大型化してしまい評価は今ひとつで、別の銃を使う者も少なくないという| シャドーモセス・ヘリポートトラック下|
 |PMM||旧ソ連製のハンドガン。マカロフの細かな要所を改良した物が本銃PMMである。日本においては、数々の立て篭もり事件や発砲事件などで使用されることが多く、日本の稀な銃犯罪でよく目にする銃でもある|購入?|
 |PSS||旧ソ連製の特殊作戦用消音ピストル。弾薬の構造がMGS3のEasyGunと同じ。|購入?|
 |Glock 18C|9mmパラベラム弾を用いる機関拳銃|現実世界においては非常に反動が強くフルオートコントロールのしづらい銃として知られている。また民間銃はフルオートに規制を掛けなくてはならないのだが、銃器登録をフルオート機能の持つスライド一式と本銃を別々に二枚の用紙に分けて登録すると現実世界の民間銃としても所持することができる。もちろん、日本では無理である。|購入?|
 |Race Gun||競技銃。一点の的に素早く弾を叩き込むのに特化した銃で、元々殺傷目的で作られてはいないので、一発一発の対人攻撃能力は少ない。とはいえ、連射速度が高いので一点に集中した攻撃をするのに適している。|一周目で強制入手|
 |Type 17(17式拳銃)|EVAの持つモーゼルのコピー品|実銃では、当時の中国。大原兵工廠で作られたのが本銃である。同工廠ではM1A1トンプソンの生産もしており、C96の生産に当たって、7.63mm弾は非常に供給が困難であり、トンプソンにも使う45.ACP弾と共用させたものが、本銃17式拳銃である。無論、使用弾丸が違うことや刻印の違いから一目で本物のC96と区別することができる。|称号獲得特典、パスワード|
 |Desert Eagle|メリルが愛用することでもお馴染みの50口径大型拳銃|現実世界においてもその名は広く知られ、アクション映画でも目にすることが多い銃である。片手で撃つと肩を外すなどオーバーな表現が多々議論されるが、射撃フォームに注意を払えばなんら問題はないが、あまり手馴れない片手撃ちなどは痛めてしまう要因にもなるので推奨はされないという。|パス、購入|
 |Desert Eagle Long barrel||デザートイーグルの10インチ仕様。銃身上部に設けられた20mmピカティニーレイルに狙撃用の倍率スコープが装着されており、狙撃が可能。現実世界においては6インチ、本銃10インチ。さらにその上に14インチなるものがあるが、14インチ銃身は販売が終了している。|称号獲得特典、パスワード|
 |Thor .45-70||リキッド・オセロットが使用していた強力な拳銃。さながらガンプピストルのような威力を持っている。|称号獲得特典で入手可能。|
 |Solar Gun||非常に強力なダメージを与えられる。最大までチャージすると気絶値がかなり高くなる。一般兵なら体のどこに当てても、一撃で気絶させられる。当てるたびに敵が所持品を取り落とす。最大溜めなら一気に全てのアイテムを落とす。敵がこちらに注目しているときなどに撃つと見つかる。補給時も「太陽ぉぉ!」と大声を出すが、敵には感知されないので大丈夫太陽力補給は日光の下でないと不可。|全人形入手|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 
 &color(Red){アサルトライフル};
 |AK-102|5.56mm×45弾使用のAKライフル|現実世界におけるAK-101〜102は冷戦の終わりを静かに語るようなものである。AK-101から西側輸出向けの5.56mm×45弾使用で本銃AK-102は101のカービン(騎兵銃)モデルである。これら二つのモデルに限って5.56mm×45弾のAKとして知られている。|プロローグで倒れてる兵士から入手|
 |M4 CUSTOM|5.56mm×45弾を使用する米軍の主力小銃。本編では非常に扱いやすくカスタムしやすいため最後まで使ってもいいほどの小銃である。現実世界においても米軍を主としたR.A.S付きのM4が最近の主力小銃で世界的傑作。そして完成度を誇っている。元々は騎兵銃という扱いなものの、その完成度から世界各地の米兵に支給されている|ドレビンのイベント中入手|
 |MK.17(SCAR-H)|7.62mm弾使用。ベルギー FN製のFNCをベースに開発された次世代志向アサルトライフル。SCARでもHの大口径のモデル。|現実においては米軍の第75レンジャー大隊において本銃の5.56mm×45弾を使用するSCAR-LをMk.16として採用した。Mk.16はM16、M4の後継。本銃Mk.17はM14の後継として採用されていくらしい|PMCの基本的な装備。序盤はIDロックされて使えない||
 |XM8|5.56mm弾使用のHK G36を米軍の要求に合わせ外装を変更したもの|現実においては米陸軍が次期採用ライフルの候補としたが、海兵隊などからの猛反発により保留、結局は採用中止が発表された。そのために製作元のH&K社はPMCなどにビジネス展開を開始しており現実のPMCでは結構配備されている。MGS4本編ではめでたく米軍の制式アサルトライフルとして配備されているようだ|ACT2送電施設-捕虜収容施設間の山道|
 |G3A3|7.62mm×51弾を使用する世界三大アサルトライフルに区分される。世界各国の軍などによって採用されるH&K製ライフルの始祖的ライフルで、これをベースにした銃器が何丁も作られている|南米編の序盤で入手可能|
 
 |An94|5.45×39mm弾を使用する。|An-94は1994年にロシア軍がAK-74の後継として配備を進めているアサルトライフルで、元々は特殊部隊スペツナズに配備が留まったが現在ではロシア経済も安定化の兆しを見せたことから本格的に配備がはじまった。本銃の特徴は2バースト射撃で、2バースト射撃は一発に放った弾丸のリコイルを受ける前に二発を撃ち終わってしまうというカラクリの作動方式で初弾二発の命中精度が高くなっている。MGSでも二発バースト射撃が可能である|購入?| 
 |種子島|100万DPで購入可能ネタ武器。|実銃においては15世紀にヨーロッパで発明されたマッチロック式の銃器として知られる。ポルトガルから伝えられた銃は本銃であり、織田信長が長篠の戦いで鉄砲隊を編成した事例は本銃の代表的な運用された歴史と言えるだろう。|購入|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 
 &color(Red){サブマシンガン};
 |P90|5.7mm×28弾を用いるサブマシンガン|FN社の代名詞的サブマシンガンでPDWの元祖であろう。PDWとはパーソナルディフェンスウェポンの略で、個人防衛火器とも呼ばれる。サブマシンガンとアサルトライフルの中間的位置づけとされ、小銃より取り回し、携帯性に優れ、短距離でなくともボディーアーマーを貫通することが主な条件とされている。とはいえ、サブマシンガンとアサルトライフルの中間という位置づけのため互換性の少ない弾薬を用いるので世界各国の配備数は少ない。|カエル達から入手|
 |MP5SD2|H&K製消音機内臓サブマシンガン。MP5のバリエーションの一つである|現実世界におけるMP5は軍や警察が配備し、映画や報道にも登場回数の多い銃として誰もが知る銃器界のポルシェと呼ぶべき知名度を持つ。MP5が世界的有名になったのはドイツ警察特殊部隊GSG-9がルフトハンザ航空機ハイジャック事件において MP5を用いてテロリスト3名を射殺1名を逮捕。人質をなんと全員無事救出するという輝かしい成果を生んだからであろう。これ以降のMP5は各警察をはじめとした特殊部隊などで採用されはじめ、わが国日本でも警察特殊部隊SATをはじめ空港警備隊や海上保安庁など多数の執行機関に配備されている|購入|
 |MP7|4.6mm口径サブマシンガン。|元々P90のPDWのコンセプトを持ったものとして開発されたが、PDWも後々にはそのジャンルは一般化し、サブマシンガンとして定着した。現在ではドイツ軍や、ドイツ警察GSG-9。イギリス警察などで運用されている|
 |M-10|.45口径サブマシンガン。発射レートが非常に早く、コンパクトで生産性の高い銃。装弾数30発。|実銃は1964年。ベトナム戦争初期に開発され、当時の米軍がそのコンパクト性と連射力の高さ。45口径弾のストッピングパワーなどの長所を気に入り、特殊部隊向けに本銃を採用したことが有名。しかし、どちらかといえばばら撒きに適した武器だったために、誤射が多発。現在有名な、H&K MP5にその座を譲った。|南米の反政府軍が装備している事もある。|
 |VZ.83 skorpion|38口径。サブマシンガン|実銃は元々戦車兵やトラック運転手の自衛用火器。すなわちポートガンの位置づけで開発されたものだが、その非常にコンパクトな本体はマシンピストルの始祖とも呼ばれる。本銃VZ.85はVZ.61を9mmパラベラム弾仕様にした改良銃である|ACT3・バイクチェイス前ビッグママから入手|
 |Bizon|AKをベースにしたサブマシンガン。|実銃としては、AK-47の開発者であるミハイル・カラシニコフとドラグノフ狙撃銃の開発者エフゲニー・F・ドラグノフの息子らによって開発されたサブマシンガン。動作機構はAK-74Mそのままで、AK-10らの銃器と互換性を持っており、パーツコストのユーティリティに定評がある。9mmパラベラム弾や380ACP弾など、西側を意識した輸出向けの本銃も存在する。|?|
 |Patriot|ザ・ボスが使用していたM16の小型版。M16というよりは当時はAR-15の試作品かと思われる、XM16E1をとことん切り詰めストックなくフラッシュハイダーも小さめのことから実銃にモデルしたらすさまじいことになると思われる。現在ならLSWなどに用いられるドラムマガジンを装備しており、それが正面からインフィニティ∞の形をしているからという理由で弾薬は無限に給弾される。現実世界にも似たコンセプト銃としてブッシュマスター カーボン15タイプ97Sという銃が存在する。|称号BIGBOSS特典|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 
 &color(Red){狙撃銃(スナイパー)};
 |モシンナガン|ロシア製ボルトアクション狙撃銃。麻酔弾などの特殊弾薬を使用する|現実においてはかの有名なシモ・ヘイヘが使用したことで有名。元の持ち主であるジ・エンドはWW2では空挺作戦も行うこともあったようで、本銃のストックが折りたたみ式のフォールディングストックになっている。| 購入orパスワード|
 |M14EBR|M14ライフルを改造した自動狙撃銃。7.62mm弾を使用する。|現実においてはベトナム戦争以後M16にその座を譲り第一線を引いたが、現在になりその性能の高さが評価され新たな素材と科学でカスタマイズしたのが本銃EBRである|PMCのスナイパーが装備|
 |DSR-1|ドイツ製ボルトアクション式ブルパップ狙撃銃であり、GSG-9などのドイツ警察特殊部隊からの要請により開発された。法執行機関向けということもあり他の狙撃銃とは一風変わっている|クライング・ウルフ戦に登場するカエル兵に装備している兵がいる。|
 |SVD|旧ソ連製自動狙撃銃。現代でいうマークマンライフルという位置付けであるため離れすぎた敵の狙撃には用いられない。この銃の登場で世界各国でマークスマンの重要性を再び認知したといえよう。|ACT2開始MAP内の家ACT4クライングウルフ戦MAPのコンテナ内部|
 |VSS|ロシア製狙撃銃。軍特殊部隊や潜入工作員が使用するために開発された、サプレッサー付き狙撃銃。ちなみに、このVSSと同時期に開発されたASアサルトライフルという銃があり、内部構造や外見が非常に似ている(VSSからスコープを外してストックを折りたたみ式に付け替えた感じ)。|ACT2捕虜収容施設|
 |M82A2|バレットと呼ばれるアンチマンテリアルライフル。M2重機関銃にも用いられる12.7mm×99弾の高精度弾を放ち、現実においては長距離狙撃や本来の用途である対物攻撃などに用いられる。無論、人間に命中すれば遺体の破損が激しいため、しばし議論の対象になる。本銃A2モデルは対空用途向けに再設計されたもので、ブルパップ方式であることとフォアグリップの追加などの改良点が見られる|購入|
 |RAIL GUN|MGS2にてフォーチュンが使用していた大型銃器。電磁加速銃。|クライング・ビューティー撃破後.2周目以降のボス戦で大活躍|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 &color(Red){投擲類};
 |グレネード|一般的な手榴弾。爆破した時の爆発と破片で、敵を吹き飛ばすことができ、オンラインでは吹き飛んだ相手は隙が多いので、牽制攻撃の手段としても有効。|購入|
 |白燐グレネード|爆発すると、周囲にリンがばら撒かれ、自然燃焼することで爆発した範囲を燃やすことができる。|購入|
 |火炎瓶|民兵などから入手できる。手製の簡易的な焼夷弾の一種。現実においては入れ物のと燃焼性の高い液体系燃料があれば作れるため、暴動やテロリストなどで使用される|購入|
 |スモークグレネード|白、黄、赤、青、緑と煙の色が5種類ある。後ろの4つは感情効果付きで、敵陣に投げると面白い物が見れる|購入|
 |スタングレネード|閃光手榴弾。爆発する超音と閃光に見舞われ、敵の視力と聴力を奪うことができ、現実世界では、特殊部隊の室内突入の際などに用いられる。非殺傷武器と歌われているが、現実世界では、その閃光と超音にビックリし、ショック死する可能性もあるという。|購入| 
 |チャフグレネード|レーダー照射を妨害することで、レーダー把握する無人機やカメラなどを妨害できる電子妨害手榴弾。無線も妨害でき、オンラインなどでは相手のプリセット無線らを一定時間無効にし、連携を一時的に妨害することもできる。|非売品.ACT4シャドーモセス・ヘリポートACT2捕虜収容施設.|ACT1のジョニーから、チャフグレネードを装備しているともらえる。|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 
 &color(Red){ランチャー};
 |RPG-7|ロシア製対戦車擲弾発射筒。対人、対戦車。はたまた対空までいろんな使い方のできるロケットランチャー。現実世界においては、世界各国の軍や、テロリストから民兵。幅広い領域で使用されるロケットランチャーの代名詞的存在として報道や映画、演習などで目にする。低コストかつマルチロールな使い方ができる点はテロリストでも軍でも受け入れられているようだ|ACT1で民兵が装備している|
 |ジャベリン|携帯式対戦車ミサイル。|対戦車ミサイルという位置づけだが、低空を飛行するヘリなどにも攻撃能力を持つミサイル。一度、150m上昇し急激に降下させ攻撃するトップアタックモードと、ミサイルを直接操作し目標に命中させるダイレクトアタックモードの二種を備え、ゲーム内ではダイレクトアタックモードのみとなっている。|ACT1BB部隊登場ムービー前のMAP、ビルの屋上。|
 |スティンガー|携帯式地対空ミサイル。|実在するスティンガーミサイルは、攻撃ヘリや地対空攻撃車両にも搭載されるミサイルであり、このスティンガーミサイルは歩兵携行用の発射筒に収まっている。ゲーム内では対人攻撃もできるが、実際では人間に対してロックオンはできない。また、世界一命中率の良いミサイルとしてギネスブックにも乗っている。|南米でも少し入手可能.ACT4、クライング・ウルフ戦MAPの墜落しているヘリの傍.ACT4、クライング・ウルフ戦MAPの前のMAPの、トラックの中。|
 |M72A3|一発使い捨てロケットランチャー。大量に携行することができるが、ロケットランチャーの中で威力は低めとなっている。現実世界ではベトナム戦争中、大量に消費され、消費された空筒に手榴弾を入れられベトコンによってブービートラップにされる結果を生んだりもしていた|ACT2ラストの市場、裏路地|
 |XM25|コンピュータ制御の25mmエアバーストグレネードを発射できる。|実銃においては、個人一単位の兵士一人で、何でもできてしまえるようにしよう。という考えの下発足したOICW計画のXM29のグレネードランチャーの部位を取り外し、単体で運用したようにしたのが本銃XM25である。現在、アメリカ陸軍においてアフガンで実験運用中だが、好評な評価を得ているらしい|ACT4クライング・ウルフ戦MAP電波塔|
 |MGL140|40mmグレネードを発射できる。レイジングレイブンから入手できる|現実世界においては南アフリカのアームスコー社の開発した6連発リボルビング式グレネードランチャーとしてアメリカ海兵隊をはじめとした各国で採用されるグレネードランチャーである。M4タイプに似たクレーンストックやR.A.Sを装備するなど非常に近代的である|レイジング・ビューティー撃破後|
 |迫撃砲|戦場に設置されている。強力な砲撃が可能。各要所に配置されては、対人から対戦車攻撃まで幅広い攻撃が可能な固定設置された武器である。|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 &color(Red){マシンガン};
 |M60E4|7.62mm×51弾を断続的に放つことのできる分隊支援火器。|現実世界においてはベトナム戦争より実戦導入されて以来、米軍の主力分隊支援火器として幾度とアップデートされてきた経緯を持つ。本銃E4はMk43 Mod0と呼ばれ海軍で採用されている。E3より銃身が短く、細かな改修が行われている|購入?|
 |HK21E|7.62mm×51弾を使用する汎用機関銃|現実においてはドイツ国境警備隊。現在の連邦警察局向けにH&K社が1961年に開発した汎用機関銃。MGSには登場しないが、5.56mm弾仕様の固定倍率スコープを標準装備した西側輸出向けの機種も存在している。|ACT1のレジスタンス基地で最新の武器自慢してる兵士が装備|
 |PKM|ソ連製の軽機関銃。|現実世界におけるPKMは元々PK(ペカー)機関銃であったものを生産効率向上と軽量化を目指して削りだし物からプレス加工へと移行したのが本銃PKMである。AK-47を設計したミハエル・カラシニコフが作ったことでも知られる。PKMは名前を変えながら中国や北朝鮮やそれら多くの軍などで採用されている|購入?|
 |Mk46 Mod1|M249分隊支援火器。|現実におけるMk46は、アメリカ特殊作戦軍によって採用される分隊支援火器で通常のミニミM249とはレールハンドガードや固定ストックなどの違いが見られる。|購入?|
 |M2|50口径重機関銃。主に装甲車や基地などに設置される。|12.7mm×99弾と呼ばれるバレットと同じ弾薬を用いり現代で最強の重機関銃ということで装甲車から対空機銃として幅広い用途を持つ。採用経緯からはかなり長く、開発、運用されてきたのは第二次世界大戦からである。現代に入りつつもあまり主要な改良点もなく採用当時のままの状態で現用される非常に珍しく、そして改良点のない傑作銃器のひとつであろう|
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 &color(Red){ショットガン};
 |M870 CUSTOM|レミントン製特殊用途用ポンプアクションカスタムショットガン。12ゲージ弾を使用する。|現実世界においてはイサカM37やモスバーグM500などと並んで最高傑作ショットガンとしても知られる。本銃は伸縮ストック、デフォルトでタクティカルライトを装備した室内制圧向けのカスタムショットガンだろう。上部20mmピカティニーレイルにはドットサイトやACOGサイトが装着できる|購入?|
 |SAIGA12|12ゲージ弾をセミオートで撃つことが可能なショットガン。オンラインでは中々の制圧力を誇る現実世界においては、AKと共通する部分が多くドラグノフSVDのスコープも実際に装着し使用できることでも知られる。|購入?| 
 |TWIN BARREL|水平二連、片手装備可。|ACT2、反乱軍決起後 開始地点のすぐ傍の家。| 
 
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 &color(Red){その他};
 |スタンナイフ|スタンガン機能を内蔵したナイフ。R1でナイフ攻撃、R2で電撃攻撃。最初から入手|
 
 |雑誌|ティーンから定年後のお父さんまで、すべての男性のオアシス、グラビア誌。敵兵の陽動に最適。スネークのストレスを減らしてくれる。なんと今回からページ数が増量!|購入| 
 
 |感情本|兵士の感情を揺さぶる効果がある。どのページを開いていたかで喜怒哀楽が変化する模様。|購入|
  
 |マンティス人形|ナノマシンが入っていて、生きている人間に対してのみ有効。ただし、イベント中に味方に撃っても効果なし。コントローラーを前後に振る事で敵を揺さぶれる。使う度に「ブラックアウト!!」と喋るのがどこか可愛らしい。|マンティス戦で打ち落とし入手|
 
 |ソロー人形|ナノマシンが入っていて、死んでいる人間に対してのみ有効。コントローラーを前後に振る事で敵を揺ぶれる。使う度に「哀しい…」と喋るのがどこか悲しい|マンティス戦で打ち落とし入手|
 
 |クレイモア|指向性対人地雷。本体を中心に円形の起爆範囲に入った敵を爆破する。現実世界では、ワイヤートラップ式とリモコン式の二種があり、ワイヤートラップは規制対象。リモコン式は規制の対象外となっておりゲームに登場するものは、無論。規制対象となる|
 
 |C4|多目的プラスチック爆弾。壁や地面。はたまた敵の背中に仕掛けることができ用途は様々で威力も高い|
 |C4|多目的プラスチック爆弾。壁や地面。はたまた敵の背中に仕掛けることができ用途は様々で威力も高い。余談ながら、ゲーム内で設置したC4に銃撃すると爆発するものの、現実世界のC4は銃弾を受けても爆発はせず、火に投げ込んでも爆発することのない爆薬として知られており、起爆装置と雷管による起爆方法でのみ起爆することが可能である|
 
 |睡眠ガス地雷|地面に仕掛けることができる地雷で、一定範囲に入った敵を感知する空中にホップアップし睡眠ガスを散布する。ガスに当たるとほぼ確実に眠らせることができ、眠るまでにいたらなくてもスタミナを大きく減少させる|
 
 |無線起爆型睡眠ガス装置|壁や、地面。敵の背中にくっつけることができる睡眠ガス装置。円形の形をしていて、ガスを吹きかけられると睡眠状態になる。|
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 &color(Red){カスタムパーツ};
 
 |フラッシュライト|暗闇を明るくする効果だけでなく、正面から対峙した敵の視覚を妨害する効果を持っている
 。ハンドガン用と長物用の二種がある|
 |レーザーサイト|赤色のレーザーを照射することにより、狙いを直接視覚化できる。オートエイムのロックオンを伸ばしたり、狙いを簡単にするなど、メリットもあるがレーザーを照射している間はこちらの位置もバレやすい|
 
 |サプレッサー|銃身は多少長くなるものの、銃声を極端に抑える効果を持ち、装着していれば、まず敵に見つかるリスクは減る。しかし、撃つごとにつれサプレッサーが劣化し、劣化ゲージがなくなるとサプレッサーが外れてしまう。各銃器にそれぞれのサプレッサーを装着できる。|
 
 |ドットサイト|M2ミリタリータイプのドットサイト。レンズを覗き込むと赤色の点(ドット)が表示され近〜中距離における照準を容易にする|
 
 |ライフル用スコープ|固定倍率のACOGタイプスコープ。装着した銃器を簡易的狙撃銃にすることができ、そんな遠くない敵を精密に狙いたい場合などに有効|
 
 |ファアグリップ|一般的なフォアグリップとタンゴダウンタイプの二種のフォアグリップがあり、どちらとも連射時の制動性と照準精度を向上させる|
 
 |XM320|米軍が採用しているアドオン式グレネードランチャー。40mmグレネードを発射する武器で武器を持ち替えずとも瞬間的に大火力を得られる|
 
 |GP30|AK用のアドオン式グレネードランチャー。GP25の改良型がGP30である。薬莢がなく、火薬が弾に内臓されている機構のため、構造的には迫撃砲のような構造をしている。薬莢がないため、XM320のように薬莢を排出する動作がない|
 
 |マスターキー|アンダーバレルショットガン。1980年代にナイツアーマメント社が開発したもので、武器を持ち替えずにポンプアクション式のM870を扱うことが可能になる。マスターキーの由来は、ドアをショットガンで吹き飛ばすので、カギを使う必要がない。つまりカギがいらないという意味でマスターキーと呼ばれている|